引越し,単身プラン,相場

 

引越しをするなら、まず引越しの一括見積もりをおススメします。

 

なぜなら、複数の引越し業者から見積もりを出させることで自分の引越しのおおよその相場がひと目で把握できるからです。

 

例えば、これが大手引越し業者などに自分で見積もりを依頼する場合

 

 

・1社だけに見積もりをもらっても、妥当な値段なのかわからない
・自分が知っている大手引越し業者に見積もりをもらうと値段が高いがその判断ができない
・自分で複数業者に見積もりをもらう場合、各社に見積もり依頼をする必要があり面倒

 

などの難点があります。

 

 

しかし、引越し一括見積もりを使うことで

 

・一度の見積もり依頼で、最大10社まで見積もりをもらうことができる
・大手引越し業者だけでなく、自分が知らない地元の中小引越し業者から見積もりをもらうことができる
・無料で利用できる

 

 

などのメリットがあります。

 

なので、仕事が忙しかったりする時でも、たくさんの見積もりを簡単に手に入れることができます。
一番安く引越しをしたいなら、引越し一括見積もりサイトを試してみることをおすすめします。

 

 

単身引越しにかかる費用の相場はどれぐらい

 

一体、単身引越しはどれぐらいお金が必要なのでしょうか?
だいたいの目安が分かった方が、引越し業者を選ぶ上でも便利ですよね

 

そこで、単身引越しの相場をいろいろと調査してみました

 

引越しの料金は、3月〜4月の繁忙期とそれ以外の通常期で料金が違ってきます。

 

 

引越し侍で単身引越しの料金相場を調べました

 

一括見積もりサイトの「引越し侍」では単身引越しの料金相場があるので紹介します。

 

単身引越しで荷物が少ないケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

27.000円 35,640円

〜50km未満
(同都道府県程度

30,000円 44,000円

〜200km未満
(同一地方程度)

41,750円 61,000円

〜500km未満
(近隣地方程度)

54,000円 90,000円

500km以上
(遠距離地方程度)

65,940円 100,000円

 

 

単身引越しで荷物が多いケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

32,400円 44,000円

〜50km未満
(同都道府県程度

35,000円 54,000円

〜200km未満
(同一地方程度)

50,000円 81,000円

〜500km未満
(近隣地方程度)

70,000円 115,000円

500km以上
(遠距離地方程度)

90,000円 140,000円

 

 

 

価格.comで単身引越しの料金相場を調べました

 

価格.comでも、単身引越しの料金相場がありましたので調査しました。

 

単身引越しで荷物が少ないケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

30,473円 36,935円

〜50km未満
(同都道府県程度

35,566円 40,404円

〜200km未満
(同一地方程度)

45,863円 51,217円

〜500km未満
(近隣地方程度)

53,315円 51,619円

500km以上
(遠距離地方程度)

57,695円 59,963円

 

 

単身引越しで荷物が多いケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

39,124円 48,294円

〜50km未満
(同都道府県程度

41,907円 49,936円

〜200km未満
(同一地方程度)

51,498円 59,014円

〜500km未満
(近隣地方程度)

65,621円 75,854円

500km以上
(遠距離地方程度)

70,871円 81,548円

 

 

SUUMO引越しで単身引越しの料金相場を調べました

 

引越し一括見積もりサイトのSUUMO引越しの単身引越しの料金相場を調査しました
SUUMO引越しは、2月〜4月を繁忙期、5月〜1月を通常期としています。

 

 

 

単身引越しで荷物が少ないケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

36,609円 42,496円

〜50km未満
(同都道府県程度

38,730円 47,698円

〜200km未満
(同一地方程度)

46,950円 51,419円

〜500km未満
(近隣地方程度)

56,149円 59,989円

500km以上
(遠距離地方程度)

65,776円 69,406円

 

 

単身引越しで荷物が多いケース

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

48,514円 58,981円

〜50km未満
(同都道府県程度

50,077円 64,493円

〜200km未満
(同一地方程度)

65,166円 82,816円

〜500km未満
(近隣地方程度)

81,866円 98,207円

500km以上
(遠距離地方程度)

100,545円 120,496円

 

 

 

ズバット引越しで単身引越しの料金相場を調べました

 

引越し一括見積もりサイトのズバット引越しで単身引越し料金相場を調査しました

 

通常期 繁忙期

〜15km未満
(同一市町村程度)

29,286円 34,498円

〜50km未満
(同都道府県程度

29,695円 39,691円

〜200km未満
(同一地方程度)

42,162円 48,326円

〜500km未満
(近隣地方程度)

63,348円 82,136円

500km以上
(遠距離地方程度)

75,995円 99,529円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

荷物が少ない単身引越し

 

どんなケースであっても、引っ越しの前にまず必要になるのが転出届を提出し、受理してもらうことです。さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵送での受付もできますので、調べてみてください。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を持参した代理人が提出することもできます。この手続きは、転居する2週間前くらいから多くの自治体で可能になっています。引っ越しサービスの利用料は、いつ引っ越すのかによって違うのが当たり前のようです。一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、引っ越す日や曜日にかかわらず、費用は高くつきます。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。安いからといって平日に引っ越すか。なかなかそうはいきません。情報はいくらでも手に入ります。引っ越しの総合案内サイトもありますので無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。多くの業者から見積もりを集めて、できるだけ安くしていけると良いですね。引っ越しするというイベントそのものはワクワクするしけっこう好きなんですが、たとえば国民健康保険等の住所変更などで、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きをしなくてはいけないところが、面倒だし時間もかかるなあと感じてしまいます。こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、インターネットから簡単に自宅などで済ませることができたらすごくいろんな意味で助かるのに、と思います。引っ越しの荷造りは大変なものですが、特にどうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。その扱いには、最後まで気を遣わなくてはなりません。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。包むものが全て隠れるくらいの大きさに新聞紙を調整し、一個ずつ底から包むのが基本です。包む前に新聞紙を丸めて伸ばしておけば、クッションとしての役割がより高まります。持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分だけを先に包んでしまいましょう。荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。食器は割れ物が多く、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬中に破損する危険性が高まります。。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。そのようなグラスは、まず内側に新聞紙を詰めて補強し、その後、外から包んで、特別な箱に詰めるなど、最大限の注意を払って荷造りするようにするとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。

 

 

 

荷物が多い単身引越し

 

一番最近の引っ越しは結婚したときですが、利用したのはヤマト運輸の単身引っ越しサービスです。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しを初めて行ったのではじめの電話だけでも緊張し通しでした。それでも、スタッフはどの方もてきぱきした対応、丁寧な作業で、荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。引っ越しはまたあると思いますが、その時にもヤマト運輸の利用を考えています。先ごろ、引越しをしました。業者に依頼しましたが、それにも関わらずやはり大変でした。大変だったことはというと、ありとあらゆる手続きです。市町村を移動すれば、印鑑証明請求に必要とされる印鑑登録もする必要がありました。まず使うことはないのですが、安心のため登録しておきました。引っ越しは居住地の移動であり、様々な形で届を出して、引き続き使うためには、内容を更新しなければならないこともあるでしょう。固定電話の番号も、転居に伴って変わってしまうことがあります。最寄りのNTTに連絡して、引っ越し先で新しい電話番号を使うための手順を確認しておきましょう。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、同一市内局番の地域内で引っ越すなら、電話番号を変える必要はありません。アパートなど、賃貸の部屋から引っ越す時は、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。大家さん、もしくは管理会社の物件担当者が来て、最後の時点の、室内点検があります。立会いを終了させて晴れて退去、となるのです。ケースごとに多少違ってきますが、払うべき公共料金の支払いは済ませておくのが常識ですし、スペアを含めて鍵は全部返却することになっています。返却漏れのないようにしましょう。私は去年、単身赴任の引っ越しをしました。単身の引越しは会社員生活の中で初めてのことでした。会社の規則で複数社から見積書を取り、一番見積もりが安かった業者を選択するのですが、赤帽を選ぶことになりました。当初は不安を感じていたものの、テキパキと引越し作業を進めてくれたので、次回の引越しでも赤帽に依頼したいと思いました。

 

 

 

 

引越しで失敗しない為の基礎知識

 

たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。万が一のことになると後始末も大変なので、注意したいものです。傷つけないように運ぶため、包むときにちょっと工夫しましょう。包むものの大きさに余裕を加えて新聞紙を用意し、真ん中に底がくるようにして、一個ずつ包みます。新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと衝撃を和らげてくれます。持ち手や取っ手がある器の場合は、飛び出たところを先に包むのがコツです。色々とやることの多く、時間と手間のかかるのが引っ越しです。ところで荷物の梱包に関しては、大体の物は自分で完了させる、という人はとても多いのですけれど、いくつかのの引っ越し会社では、荷物の梱包を引っ越しプランの一つとなっていることがよくあるのです。そういうことであれば全部自分で頑張ろうとしないで、業者の手を借りることを考えましょう。素人が行うより、プロなりの手順と方法に任せる方が確実です。また、荷物に何かがあったとしても責任は作業をした業者にあるとして損害の程度に応じて弁償を行ってくれる可能性もあるからです。家移りを経験した方なら誰でも思い当たることでしょうが、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。引っ越しは私も何度か行いました。解約はそんなに難しいわけではありません。ただし、万が一、解約を忘れると、転居後のガス代も引き続き請求されることになるので決して忘れてはなりません。その際、転居後も月末まで料金を請求されるのが普通です。これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては引っ越しが人の一生の中でも生活が大きく変わるきっかけでしょうが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。引っ越し当日はみんな忙しいのに、仕事が重なってしまったときにどこかでトラブルが発生すると、引っ越し全体に関わる問題になってしまうので前日までの準備は万端にしておくことが必要です。家移りも本格的になると、引っ越し当日にしかできないことも多いものです。朝から晩までの作業になることは必然ですから、あらかじめ終わらせておけることがあれば終わらせておけば当日の負担が減ります。まず、上下水道をはじめ、電気、ガスなど、引っ越し後スムースに使えるようにしておくことは絶対条件としても、当日使うことが予想される荷物は、運び出す荷物とは分けてすぐ使えるようにしておくと楽です。

 

 

 

メリットしかない引越し一括見積もりサイトは完全無料!

 

これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?たとえば、荷造りをしているときです。使い慣れないカッター類をひんぱんに使うことで、手のケガはよく見られます。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めの危険性を覚悟しなければなりません。軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手にジャストフィットする、きちんとした滑り止めがついた軍手でないと役に立ちません。手が汚れないだけでなく、作業効率も安全性も高くなります。引っ越しを行って住所が変更となった時には、国民年金の居住地の変更届けを出す必要がございます。自分が加入者である「国民年金第1号被保険者」の実例は新転地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。「国民年金第3号被保険者」のケースでは、配偶者が勤務する企業の社長に被保険者住所変更届を提出しなければいけません。新しい家に引っ越しが済んで、新住所での生活をスタートさせるなら当然、運転免許証の住所変更手続きもしておかなくてはいけません。運転はほとんどしないからということで、次の免許更新の時が来るまで別にこのまま、放置で構わないと思っている人も大勢いるようなのですが、普通の人が運転免許証を使用する機会は、割と多いのです。身近な例としてなら、携帯電話の機種変更時に、携行率の高さもあって、本人確認書類としてよく活躍しています。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。荷物の量や移動距離の違いで引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?引っ越しにかけるお金を節約するために、実際に動くより前に、出費の目安をつけるためにも、相場を分かっておくことが必要です。その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、相場より安価でサービスの良い引っ越し業者を見付けるのがおススメだと言えます。部屋を引っ越して出て行く際、扱いに困るのがエアコンです。けれど、賃貸住宅から退去するのなら、大家さんや管理人といった立場の人に部屋のエアコンを、設置したまま残していくことが可能かどうか聞いてみるべきです。その家に次回住む人が、エアコンをすぐ使えるため、あっさり希望が通ることがあるのです。こういった場合ですと撤去にかかる費用が丸々不要になりますから、それなりの節約につながります。